グラファーレの家は強さも安心も付いた魅力がいっぱい|埼玉の新築一戸建て現地販売|ハウスストアの新築・不動産サイト

グラファーレの家は強さも安心も付いた魅力がいっぱいPlanning Guide

私たちハウスストアがご提案するグラファーレは、家だけではなく地盤にも万全の対策を施した住まいです。

優れた高耐久性木造住宅。日本の風土に適した「在来工法」を主に採用。

タクトホームは、日本家屋の伝統的な技術と知恵が詰まった在来工法を主に採用。
あらゆる敷地に対応でき、住む人の ライフサイクルに合わせて増改築なども容易で、躯体の強い高耐震住宅に仕上げることが在来工法は可能です。

プレカット工法

環境に優しく、近隣への配慮も考えた効率的なシステム。主な構造木材は、現場での施工前に工場などで原材料に切断・加工を施す「プレカットシステム」を採用。コストの削減と工期の短縮を実現し、手加工の様な品質のバラツキがなくなります。また、この工法により現場での端材やゴミの発生を抑え、環境に配慮した、住む人と地球にやさしい、これからの家づくりを心がけています。

 

 

剛床工法

横揺れに強い「剛床工法」を採用。グラファーレの住まいは、1階と2階の床に「剛床工法」を選びました。これは構造用面材を土台と梁に直接留めつける工法で、床をひとつの面として家全体を一体化することにより、横からの力にも非常に強い構造となります。家屋のねじれを防止し、耐震性に優れた效果を発揮します。

 

  

 

シックハウス対策

最高レベルの建材を標準採用。グラファーレは、もっとも安全性が高いF☆☆☆☆(フォースター)相当の建材を採用。床材などの室内の仕上げ材、キッチンのキャビネットや扉、構造用集成材や床下地合板などにも、さまざまな場所で「F☆☆☆☆」の建材を使用。壁紙用の接着剤にも健康に配慮したゼロホルムアルデヒド型ものを使用するなど、シックハウスの原因となる有害物質をほとんど含まない部材にこだわることで、健康被害からご家族の安心を守ります。

 

工事中2度の現地調査

住宅の不具合で最も困るのは基礎の沈下や雨漏りです。そこで信頼できる審査員が、構造耐力上主要な部分について2度の現場審査を行います。●地盤調査/着工前に原則として敷地内に4箇所、専門業者に依頼して地盤調査を行ないます。●地盤改良/地盤調査の結果に基づき、必要に応じて地盤改良等の措置を行ないます。●躯体検査/基礎・鋼製床束・構造材・接合金物・シックハウス対策・24時間換気システム等を審査します。

 

目で見て数字で確認できる、確かな強い家

構造の安定に関する事

住宅性能表示<住宅性能評価書項目:耐震性能>地震や風の力が加わった時の建物全体の倒壊・損傷のしにくさを評価します。耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)、等級3(最高等級)取得、耐震等級(構造躯体の損傷防止)等級3(最高等級)取得、耐風等級(構造躯体の倒壊等防止及び損傷防止)、等級2(最高等級)取得

劣化の軽減に関する事

住宅性能表示<住宅性能評価書項目:劣化の軽減に関すること>建物の劣化(木材の腐朽等)に対する対策を評価します。劣化対策等級(構造躯体等)等級3(最高等級)取得

 

 

 

維持管理への配慮に関する事

住宅性能表示<住宅性能評価書項目:維持管理への配慮に関すること>給湯給排水管とガス管の日常における維持管理のしやすさを評価します。維持管理対策等級、等級3(最高等級

 

 

 

温熱環境に関する事

住宅性能表示 <住宅性能評価書項目:省エネ性能>住宅の断熱化による冷暖房時のエネルギーの程度を評価します。省エネルギー対策等級、等級4(最高等級)取得。

 

 

 

耐震等級3基準をクリア!
自信があるからできる!建物最長35年保証可
建物を足元から支える地盤にもこだわっています

ご家族の大切な住まいを足元からしっかりと支え続けるために地盤の調査を第三者機関と協力しながら行い地震などの災害時にも損害を最小限に抑えることが出来るベタ基礎を採用するなど、タクトホームでは見えない箇所にも妥協することはありません。しっかりした調査と工事に自信があるから地盤20年保証と長い安心をご提案できます。

地盤調査は法令に準じた3項目8要素で徹底的に検証

調査・解析の結果を、詳細なデータや現場写真を貼付した「地盤調査報告書」にて報告。その土地に最適なプランを提案します。土地状況に応じた基礎仕様や、地盤改良工事などを提案・実施します。不同沈下しない地盤の品質をお約束。基礎着工日に始まり、引渡し日から20年間保証します。

Placeholder image
Placeholder image
Placeholder image
Placeholder image
Placeholder image
Placeholder image
Placeholder image
Placeholder image
Placeholder image
ページトップへ戻る